プロねた。
Vol.062

好業績企業の職場

2012年01月31日
担当
福良 英基

創業以来36年連続の増収増益を続け、米Fortune誌が発表する「最も働きがいのある会社ベスト100」に毎年ランクインする企業があります。SAS Instituteです。業績はすこぶる好調で働きがいもあるという理想的な会社。

社員満足度が高い大きな理由のひとつは、医療センター、フィットネスセンター、補助金付きのチャイルドケアセンターなどの施設と、健康奨励プログラムなどを多数提供し、社員がストレスを軽減できるよう支援を行っている点。同社は「社員の幸福と健康」を重要視しており、各々の支援はその現れです。多大な予算を投資している結果、年間離職率はわずか3.3%と、平均22%というソフトウェア業界において、トップクラスの低離職率を実現しています。仕事の為の職場というだけでなく、より良い生活を楽しむ為の場にもなっていることは、社員にとって大きな付加価値のようです。

さて、SASは冒頭のランキングでは昨年が1位で今年は3位。今年の1位はGoogleでした。Googleの自由闊達な職場環境はちょくちょくTVなどで登場するのでご存知の方も多いと思います。本社内には25を超える社員食堂があり全品無料。どこからでも45M以内にカフェがあり、ボーリング場やビリヤード場が利用可能など、職場の常識を超えた職場です。しかし、この環境はストレスの軽減や豊かな発想を生み出す原動力となり、結果、こちらも業績がすこぶる好調で直近四半期決算が過去最高となっています。

SASもGoogleも資金潤沢な企業。資金に余裕があればうちの会社も・・・と思うのでしょうが、従業員を満足させる環境づくりは投資でもあります。投資に対するリターンで既存社員のやりがいと優秀な人材の獲得ができるなら投資価値は十分にありそうです。しかし、フィットネスセンターやカフェのある職場でしっかりと結果をだせる社員達は凄いですね。ついついそちらに長居しそうな気がしてしまいますが。

トップへ戻る